イレヴンナイン

ネット初心者・不慣れなキミにパソコンライフやアフィリエイト

ドメイン取得サービス大手ランキング

  • ウェブサイトやブログのURLをオリジナルで使いたい!
  • かっこいい/かわいいTLDにしたい!
  • 使いやすくて他のサービスとも連携できるとこで一括管理したい!

インターネット上の住所というべきドメイン

検索エンジンは「ウェブサイト」としてドメイン単位で認識しています。例外はあるがウェブのアドレスのメイン部分「.com」「.net」の部分をTLDという。しかしSEO的な優劣はないとGoogleのエンジニアが言っているので気にするところではないが、レジストラが不安定など懸念するところはあるので、あるていどメジャーなドメインを取得しておいて損はない。企業のブランディングやマーケティング上、必要なドメイン文字列がすでに使われていることもあるので、やむなくマイナーなTLDで取得する、というケースは今後増えていくだろうと思われる。

ムームードメイン


GMOの運営するドメイン検索・取得サービスブランド。系列の多くのサービス(飲食サイト・EC系・ブログ)などカンタンに連携できるので初心者におすすめ。

ドメインが取得はじめてなら迷わずムームーがいい。ヘテムルサーバーやネットショップとセットで・・・というイメージ。ムームーだけでメール機能がつかえるのが特徴(ムームーメール)。

スタードメイン


大手企業に次ぎ、注目が集まっているのがネットオウルの運営するスタードメイン。ひとつのIDでヨコ展開ができるのは某大手と変わらないが、いろいろと問題を起こす某大手よりも堅実なイメージがある。その上、サーバーなども比較的安価&安定稼働のため、はじめてドメインやHPなどを作る際にはまず候補にあがるだろう1社。

【使いやすさのスタードメイン】もし5年前に戻れるのなら管理人は某大手よりもこちらを選んでいるかもしれない。

エックスドメイン


この4・5年であっという間に最大人気になったワードプレス。このCMSを使うことを前提にするならエックスドメインだ。この人気はますます今後も上昇すると思われる。ウェブデザイナー、ブロガー、アフィリエイター問わず、Wordpressは管理性が高いため、よりWordpressを快適に使えるスペックを備えたWPXやエックスサーバーを選択する人が増えているためだ。そのためエックスドメインでドメイン取得するのは今後絶対に増えるだろうと思われる。

エックスドメインはネットオウル系のコントロールパネルとも同様の操作パネルをしているところが多いので、ネットオウルを使っていた人なら悩まないだろう。

ゴンベエドメイン


日本のインターネット黎明期からドメインを扱っており、老舗中の老舗。とてもめずらしいドメインを売っているので他人と違うものが好きな人にとってはもう火を見るより明らかにオススメゴンベエ一択。

【他人と違うものがイイなら】「.moe」など、他のレジストラとは一線違った方向性をつらぬいている。

バリュードメイン


日本のドメインはとても世界では信頼が高い。リンク先が日本の「.jp」だった際の悪質サイトの可能性はほぼないように語られている、日本人の日本人性がドメインにも継承されているのはとても喜ばしいことだ。その「jpドメイン」を取得するなら迷わずバリュードメインをおすすめする。

こちらも老舗のひとつ。アフィリエイターなら使ったことが一度はある(たぶん)中古ドメイン販売屋さんのドメイン受け渡しに連携しているので、使いこなせないと微妙。

お名前.comプレミアムドメイン


人気文字列のドメインや、ビジネスに汎用性があり、それだけで特化しているドメインというものはあるものだ。そんなレアなドメイン「プレミアムドメイン」を大量に取り扱っているのは大手「お名前ドットコム」。。

お名前の持っている「手持ちのカード(保有ドメイン)」は最も多いだろう。バンバン売りに出ているので、ピンときたドメインがあれば比較的カンタンに手に入るかもしれない

公開日:
最終更新日:2016/02/24